映画『笑顔の向こうに』

2019年2月15日ROADSHOW

第16回モナコ国際映画祭 エンジェルピースアワード(最優秀作品賞)受賞

8020運動30周年記念事業 公益社団法人日本歯科医師会

8月28日(水)にDVD販売とレンタル開始が決定!

場面写真

映画『笑顔の向こうに』
INTRODUCTION
歯科医療の現場をテーマに、若者たちの成長を描いた青春映画が誕生。公益社団法人日本歯科医師会が全面協力!

主演は、『世界でいちばん長い写真』『虹色デイズ』『ギャングース』『賭ケグルイ』、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』、舞台「新感線☆RS“メタルマクベス“disc3」などドラマ・映画・舞台と話題作に出演している人気若手実力派俳優の高杉真宙。
本作にて、初の医療関係・歯科技工士役に挑みます。

ヒロインには、第35回ホリプロタレントスカウトキャラバンオーディション2010にてグランプリを受賞後、バラエティからホラーまで多ジャンルの映画に出演し、話題の「龍角散」や「東京メトロ」のCMに出演している安田聖愛。木村祐一、佐藤藍子、藤田朋子、中山秀征、秋吉久美子、松原智恵子など実力派俳優が脇を固め、物語に味わいを加えます。

主題歌は、手話を取り入れた日本の人気急上昇男性ボーカル&パフォーマンスグループHANDSIGNの「ふたりのサイン」。監督は、ニューヨークにて映像やアートの制作に携わり活躍してきた榎本二郎が担当。長編映画初監督デビューとなります。

2月、心温まる青春感動ストーリーをお楽しみ下さい。

メイン
STORY

技術が高く、容姿も端麗で“王子”と呼ばれるほどの若手歯科技工士の大地(高杉真宙)は、新人歯科衛生士として東京郊外のデンタルクリニックで働き始めた幼なじみの真夏(安田聖愛)と偶然再会する。

個性あふれるクリニックの院長(木村祐一)や歯科医師(辻本祐樹)などからの信頼も厚い大地だったが、金沢で歯科技工所を営む父親(池田鉄洋)に手がけた義歯を見せると「だからお前は半人前だ」と否定され、同時期に義歯を提供した患者(丹古母鬼馬二)にも全く合わないと突き返されてしまう。

落ち込んでいる大地を励ましてくれる真夏とも喧嘩をしてしまい…。

患者が真に求めていることを突きつけられた大地が見つめた大切なこととは?

場面写真 場面写真
場面写真 場面写真
CASTSTAFF
高杉真宙
高杉真宙:若手歯科技工士・大地(だいち)役

1996年7月4日生まれ。

福岡県出身。

2009年、舞台で俳優デビュー。

2012年、『カルテット!』で映画初主演を飾る。

その後、2017年『逆光の頃』(小林啓一監督)などで主演を務め、同年、ドラマ「セトウツミ」(テレビ東京)、映画『PとJK』(廣木隆一監督)、『ReLIFE リライフ』(古澤健監督)など話題作に出演。

第9回TAMA映画賞最優秀新進男優賞を受賞。

さらに、同年出演した映画『散歩する侵略者』(黒沢清監督)では、毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞。

2018年は『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』(篠原哲雄監督)、『世界でいちばん長い写真』(草野翔吾監督)、『虹色デイズ』(飯塚健監督)が続々と公開されている注目の俳優。

安田聖愛
安田聖愛:新人歯科衛生士・真夏(まなつ)役

1996年6月23日生まれ。

秋田県出身。

2010年、「第35回ホリプロタレントスカウトキャラバンオーディション2010」にてグランプリを受賞。

2012年、映画『ロボジー』(矢口史靖監督)にてデビューを果たす。

2013年、映画『HK変態仮面』(福田雄一監督)、『トイレの花子さん』(山田雅史監督)、2014年『赤×ピンク』(坂本浩一監督)、2015年、『リアル鬼ごっこ』(園子温監督)など話題作品に出演。

2016年には、再び、福田雄一監督作品『任侠野郎』に抜擢される。

映画・テレビ・舞台と幅広く活躍中。

辻本祐樹

1985年1月12日生まれ。大阪府出身。

ドラマ『3年B組金八先生 第6シーズン』(2001/TBS系)でデビュー。
以後、ドラマ、映画、舞台など幅広いジャンルで活躍。主な出演作ドラマ「新選組血風録」(’11/NHKBSプレミア)大河「平清盛」(2012/NHK)「相棒#Season 15 2時間スペシャル」(2016/テレビ朝日系)、連続テレビ小説「わろてんか」(18/NHK)、映画『ゆずの葉ゆれて』(16)等。映画「えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~」(18)。

西方凌

1980年8月27日生まれ。

愛知県出身。

日本テレビ系「恋のから騒ぎ」第9期生として芸能界デビューを果たし、「左官屋」の愛称で親しまれた。

2004年よりタレント活動をスタートさせ、木村祐一監督作品『ニセ札』で映画デビュー。

濱田英里

1993年年1月31日生まれ。

京都府出身。

NHK大阪児童劇団 2007年卒団。

2014年「京都準ミスきもの」受賞。

ひらかたパークCM「この扇」編出演。

10月花形歌舞伎「GOEMON」松竹座。

10月花形歌舞伎「GOEMON」新橋演舞場。

第6回システィーナ歌舞伎「ユリシーズ」、第7回システィーナ歌舞伎「美女と野獣」、第8回システィーナ歌舞伎「GOEMONロマネスク」出演。

ayanonono

1992年2月12日生まれ。

高校1年生の時から動画投稿を始め、一躍人気投稿者に。

現役大学生クリエイター。

かわいらしい雰囲気と、好奇心の旺盛さを持ち、同世代からの圧倒的な支持を得ている。

最近では、雑誌やMV、映画への出演など多方面でも活躍中。

木村祐一

1963年2月9日生まれ。

京都府出身。

1986年、お笑いコンビ「オールディーズ」としてデビューし、翌年にはNHK上方漫才コンテストで最優秀賞を受賞する。

90年からピン芸人として活動。

94年より、人気バラエティ番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」の構成作家を務める。

また俳優としても活躍し、映画『下妻物語』(04)、『ゆれる』(06)、『少年メリケンサック』(08)などに出演。

TVドラマでは「名探偵の掟」(09)、「新参者」(10)などに参加。

『ニセ札』(09)で映画監督デビューし、その後も『ワラライフ!!』(10)、『オムライス』(11)などの映画にてメガホンをとる。

池田鉄洋

1970年10月31日生まれ。

東京都出身。

2004年、劇団「猫のホテル」にてコントユニット「表現・さわやか」を立ち上げ、俳優の枠にとどまらず、劇作家・演出家としても活躍。

現在も、映画・テレビなどで注目作品に出演する一方で、演出家・脚本家としても精力的に活動をし、オールジャンルで活躍中。

佐藤藍子

1977年9月26日生まれ。

神奈川県出身。

1992年第6回全日本国民的美少女コンテストにてグランプリを受賞。

1993年ドラマ「ツインズ教師」でデビュー。

現在、ドラマ・映画・舞台・バラエティー番組などで幅広く活躍中。

聡太郎

1986年1月29日生まれ。

アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。

1999年、第12回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストにて審査員特別賞を受賞し、芸能界入りを果たす。

俳優だけでなくモデルとしても活躍中。

阿部祐二

1958年8月14日生まれ。

東京都出身。

雑誌「POPEYE」にてモデルをつとめ、テレビドラマ「婦警さんは魔女」にて俳優としてデビュー。

現在は「スッキリ!!」のリポーター、ラジオ、講演会などでも活躍中。

善知鳥いお

青森県出身。

2015年、舞台「わたしの、領分。」にて主演、2017年、再演にて主演を果たす。

2019年、短編映画の主演決定。

映画、舞台、モデルとして活躍中。

中村昌也

1986年4月30日生まれ。

大阪府出身。

2007年俳優デビュー。

主な出演作にドラマ「太陽の罠」(NHK)、「桜蘭高校ホスト部」、「ATARU」(共にTBS系)、舞台「ジュリアス・シーザー」(蜷川幸雄演出)など。

現在はバラエティー、スポーツ番組含めて幅広く活動中。

阿部桃子

1994年9月17日生まれ。

千葉県出身。

2017年度ミス・ユニバース世界大会の「ナショナルコスチューム(民族衣装)部門」にて最優秀賞を受賞し脚光を浴びる。

モデル・タレントとして活躍中。

大出俊

1941年1月11日生まれ。

東京都出身。

1967年、第16期生として俳優養成所に入所。

養成所卒業後、文学座に入る。

熊切あさ美

1980年6月9日生まれ。

静岡県出身。

1998年「チェキッ娘」初回オーディションに合格。

現在は女優・タレントとして活躍中。

藤田朋子

1965年8月3日生まれ。

東京都出身。

1987年ミュージカル「レ・ミゼラブル」で初舞台を踏む。

1988年にNHK連続テレビ小説「ノンちゃんの夢」でテレビデビューし、お茶の間の注目を集める。

1990年よりドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズに出演。

岡倉家の五女、長子役を好演し、人気を博す。

現在もドラマ・舞台・映画、バラエティなどに出演し、幅広く活躍している。

丹古母鬼馬二

1950年1月4日生まれ。

広島県出身。

アングラ劇団に参加後、1983年、悪役俳優集団「悪役商会」の結成に参加し、脚光を浴びる。

本作にて、第16回モナコ国際映画祭助演男優賞を受賞。

児島美ゆき

映画「ハレンチ学園」でデビューし、来年で芸能生活50周年を迎える。

現在は、舞台・ドラマ・ライブ・ラジオなど活躍は多岐に渡る。

最新作は4月スタートテレビ朝日ドラマ「やすらぎの刻~道」

大平サブロー

1956年2月24日生まれ。

大阪府出身。

1976年、「太平サブロー・シロー」漫才コンビで大平シローとともにデビュー。

1980年代の漫才ブームにて人気を博す。

俳優としてもキャリアを積んでいる。

中山秀征

1967年7月31日生まれ。

群馬県出身。

1985年フジテレビ「いただきます」でデビュー。

同年、俳優としても日本テレビ「ハーフポテトな俺たち」にて主演デビュー。

現在はマルチな才能で、タレントや司会者として活躍中。

日本テレビ「シューイチ」MCとして日曜の朝の顔を務める。

秋吉久美子

1954年 静岡県生まれ 福島県育ち。

1972年 『赤ちょうちん』『妹』 『バージンブルース』で70sアイコンに。

1976年『挽歌』アジア映画祭主演女優賞 『あにいもうと』でブルーリボン賞主演女優賞を受賞。

『異人たちとの夏』『さらば愛しき大地』など多数の映画に出演。

1995年 『深い河』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。

2013年 『「わたし」の人生〜我が命のタンゴで 』モナコ国際映画祭主演女優賞を受賞。

松原智恵子

1945年1月6日生まれ。

愛知県出身。

1961年、映画『明日に向かって突っ走れ』でヒロインデビューを皮切りに、数多くヒロインを演じる。

吉永小百合、和泉雅子と共に「日活三人娘」とも呼ばれ、日本映画の黄金時代を支えた。

2016年には『ゆずの葉ゆれて』第1回ソチ国際映画祭にて、主演女優賞を受賞。

2017年「田中絹代賞」を受賞。

近年の主な出演作品に『トテチータ・チキチータ』(12)、『鏡の中の笑顔たち』(15)、『君がまた走り出すとき』(19年3月2日公開)、『長いお別れ』(19年5月公開予定)等。

榎本二郎

1978年、福岡市生まれ。

株式会社Zero-Ten 代表取締役

早稲田大学理工学部入学 2000年早稲田大学を休学。

同年、東映に入社し映画の仕事に携わる。

2001年、世界に出て様々な物事を見てみたいと思い東映を退社し、世界各国を巡る。

2002年、たどり着いたニューヨークで、ニューヨーク工科大学(NYIT)に編入。

それから約8年間、ニューヨークにて映像・アートなどの制作に関わる。

帰国後の2011年、福岡にてウェブ制作、映像制作、イベント企画運営などを行なう株式会社Zero-Tenを創業。

MUSIC
主題歌

HANDSIGN「ふたりのサイン」

(ユニバーサルミュージック)

HANDSIGN

HANDSIGN

2005年結成。ボーカル&手話パフォーマー。手話を交えた独自の表現方法でメッセージを届け、音楽とパフォーマンスで全ての人達が楽しめるライブ空間を追求し続けている。2009-10年 New Yorkアポロシアターに挑戦し、公認パフォーマーとして認定され帰国後、様々なステージでメッセージを発信し続けている。若い世代にエンターテイメントから手話の魅力を伝えるため、東京ガールズコレクション出演やこれまで300校近くの学校公演やワークショップを行う。東京都がパラスポーツを応援するプロジェクト「TEAM BEYOND」のメンバーに選出。フジテレビ パラスポーツ応援プロジェクト『PARA☆DO!』オフィシャルアーティスト就任。日本初の全日本ろうあ連盟公認「デフリンピック」応援テーマソング『HERO』を制作するなど、スポーツの分野でも注目を浴びている。 "聞こえない女性”と”聞こえる男性”の実話を基にした感動ラブソング「僕が君の耳になる」をリリースし、ミュージックビデオには主演に足立梨花、そして平尾昌晃、みやぞん等が出演しYouTubeでの再生回数が300万回を超え、昨年、満を持してメジャーデビューを果たす。

劇中歌

森口博子「I wish ~君がいるこの街で~」

(キングレコード)

森口博子

森口博子

‘85年テレビアニメ「機動戦士Zガンダム」の主題歌『水の星へ愛をこめて』でデビュー。音楽活動と並行し、様々なジャンルで活躍。レギュラー12本かかえ、幅広い層に支持される。’91年映画「機動戦士ガンダムF91」の主題歌『ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~』がヒットし、初のベスト10入りを果たす。同年から6年連続でNHK「紅白歌合戦」に出場。透明感に深みとパワーが増した歌声で、ライブ活動でも人々を魅了している。18年5月、NHK「全ガンダム大投票」で360曲以上の中から、デビュー曲が1位に、F91のテーマソングが3位に輝いた。同年、NEWシングル『鳥籠の少年』がレコチョク・ジャンル別ウィークリー1位に!MVがGYAOの動画サイトでデイリー1位に!そしてレコチョクで複数の楽曲が人気の歌手ランキングでも1位に!昨年は4つの1位を獲得した快挙の年となった。

歯科技工士とは

歯科医師の指示のもと、入れ歯や被せもの、歯の矯正に使う装置などを作成する国家資格の専門職です。多くの歯科技工士は歯科診療所や技工所に勤務して歯科医療を支えています。

歯科衛生士とは

歯科医師のもと予防処置や診療の補助、歯科の保健指導を行う国家資格の専門職です。歯科診療所のほか、病院や保健所などで活躍し、患者さんの歯、口の健康づくりをサポートしています。